家庭での脱毛のデメリット

家庭用の脱毛器は出力が弱い

クリニックで使っている脱毛器はレーザーの出力が高くなっている医療用となっており、使用するには医師免許が必要です。対して家庭用脱毛器は医師免許がなくても使用できる程度の出力しかありません。どのくらいの出力かというと、家庭用脱毛器は医療用脱毛器で産毛を脱毛するときに設定する程度の出力しか出せないのです。そのため、Vライン、Iラインや腋など毛が濃くなりやすい部分の脱毛や、医療用脱毛器では1回で毛根を焼ききれるような腕や足の薄い毛も、家庭用脱毛器では数回に分けてレーザーの照射が必要です。家庭用脱毛器のほとんどはレーザー脱毛ですが、中には毛を引っこ抜くタイプがあります。こちらは毛根の組織が残ってしまうため、毛の生え変わる周期に合わせてまた生えてきてしまいます。

ムラが出やすく脱毛しづらい

クリニックでレーザーを照射する時、照射する範囲をブロックで分けます。そのためムラが出にくいですし、毛の周期が同じ部分は同じスピードで薄くなっていきます。しかし、家庭で脱毛する場合、自分でブロックを作ってレーザーを照射する必要があります。何もせずただ照射していると、同じ部分を何度も照射して肌を痛めたり、一部が濃いまま残ってしまったりしてしまうのです。毛の周期にも注意する必要があります。レーザーを照射しても、毛根が新しい部分は効きが悪いため、新しい濃い毛が生えてきます。周期が原因でムラが出るのはクリニックでも同じなので、毎回脱毛する時は満遍なく照射しましょう。満遍なく照射していれば、だんだんと毛が薄くなっていきます。

© Copyright How To Choose Hair Removal All rights reserved